自身が健康維持のために心がけておる意味の一つは「血行を良くする」に関して。
血というのは、体のすみずみまで酸素や養分を与えるという何とも重要なキャパシティーを持っています。また、共に不純物などをリコールて腎臓や肝臓に運ぶキャパシティーも。なので、血行が悪いといった元気を害し、場合によっては脳梗塞や心筋梗塞など酷い疾病のもとになってしまうこともあるんだそうです。
それを昔どこかで聞いてからは怖くなり(若い人でも脳梗塞や心筋梗塞で亡くなる方もいますよね)、血行を良くするようなルーチンを常に心がけよう、というようになったのです。
その一つは、定期的に運動するに関して。さほど余裕範囲で、それでも週間に4~5回というペースでずーっと続けていくというのが自身なりのポイントです。たとえば週間に1回ツライ運動をするから、じっくりめの行為もデイリー積み重ねるほうがどんどん体に良いというので。
行為は最初は痩身のために始めたのですが、結果的に血行を良くすることにもつながっている気がします。運動して筋肉を塗るため、その筋肉が心臓から送られてきた血を送り返すというポンプの能力を敢然と果たし、血行が良くなるらしいです。行為を通じてから、お肌の様子も可愛くテカテカしてきました。おそらくこれも血行が良くなってきた実証です。
あとは入浴ですね。以前はお風呂はシャワーで済ませたりしていたのですが、最近は大いにミッドサマー以外はどんどん浴槽につかるようにしています。また、お風呂では背中に冷水シャワーを置きたりもします。これをすると、ボディが逆に冷えたボディを温めようとするからか湯冷めしにくくなります!
これからも、血流を良くするために望ましいルーチンを見つけたら、積極的に取り組んでいきたいなと思っています。ノンポリマー